めで亭 

日々”熱さ”を求める雑記ブログ

【映画】「空飛ぶタイヤ」長瀬智也の熱演に感動!※ネタバレ含みます

【スポンサーリンク】

こんばんは!めで吉です。


TOKIO長瀬智也主演「空飛ぶタイヤAmazonプライムにてようやく視聴できました。



僕は邦画を見ることは少ないのですが、TOKIOだけは譲れません。(笑)


www.medekichi.com


かなり胸が熱くなる作品となっていましたので、紹介していきたいと思います。









長瀬演じる赤松運送の赤松社長という男


長瀬は、赤松運送といういわゆる「街の運送屋さん」といった会社の社長役を演じています。


ある日、赤松運送の従業員が運転していたトラックのタイヤが突然外れ死亡事故を起こしてしまいます。


事件の調査結果はなんと「整備不良」


その事件をきっかけに赤松運送は一気に窮地に立たされます。


赤松社長は、先代から受け継いだ若社長という感じで兄貴肌の男です。


赤松は従業員の事を心底信頼しており、整備不良ではなく他に原因があるのではないか?と考えました。(最初は疑う場面もありましたが後に謝罪)


社員・そして家族の為に最後までホープ自動車という大企業と戦いました。


融資を受けている銀行から返済を迫られたり、長年支え続けてきた社員の退職、自身の子供が学校で事故の件でいじめを受けるなど、赤松は、本当に追い詰められていきます。


その中でも決して諦めず奮闘する社長の姿には本当に涙がでました。


中小企業なめんなよ!!






政治的圧力と闇


この事件の真相は、ホープ自動車のトラックに重大な欠陥があった事が原因でした。しかし、リコール隠しを行っており、巨大組織の揉み消しが卑劣に表現されていました。


岸部一徳さんの悪役は本当にハマりすぎですね。


「悪い事をしているのはわかっているのにどうすることもできない」というまさに闇を感じました。ホープ自動車の社員の中には、リコール隠しに疑問をもっている社員もおり、その戦いと葛藤も描かれています。







ラストの逆転劇に「安心」


赤松の必死の行動と、ホープグループ社員達の決死の行動により、最後は真相が暴かれます。


「感動」というよりは、心底「本当に良かった」と思える最後でした。終始絶望感があり過ぎて最後の最後まで応援しながら見ていました。








最後に


脇を固める俳優さんもいい味を出していました。


特に刑事役の寺脇康文さんや、富山の運送会社の社員役の佐々木蔵之介さんは熱かったですね〜、というか全員熱かった!!


社会人なら誰しもが共感できて熱くなれる、そんな映画でした!