めで亭 

日々”熱さ”を求める雑記ブログ

【映画感想】「水の都の護神 ラティアスとラティオス」※ネタバレ含みます

【スポンサーリンク】

こんにちは、めで吉です。


ポケモン映画って子供から大人まで楽しめますよね。


Amazonプライム・ビデオにて配信中で、作品順に見ています。


今回はラティオスラティアス主演の「水の都の護神」です。




www.medekichi.com



あらすじ

世界で一番美しい町といわれる水の都「アルトマーレ」。そこでサトシは不思議な技を持つポケモンラティアスラティオスに出会う。ラティオスは兄、ラティアスは妹でとても仲がよく、この町の秘宝「こころのしずく」を守っていた。

この秘宝をねらう怪盗姉妹ザンナーとリオン。彼女たちが起こした事件に巻き込まれるサトシとピカチュウたち。隠された封印が解かれた時、町は大水害に見舞われる。奪われた「こころのしずく」を取り返す為、サトシとピカチュウが水の都を駆け抜ける!

出典:ポケモン映画 プレイバック・ザ・ヒストリー公式

とにかくオシャレな作品


まず、サトシのソロバージョンのめざせポケモンマスター


コーラスも無いバージョンで、まずこれがオシャレでしたね。令和になって改めて聞くと、よりノスタルジックな気分になりました。


BGMも古代的というか西洋を思わせるような心地いい音楽が多かったです。


街の遊具なども細かく作られていました。「夢写し」というテレパシー技など、オシャレというか「神秘的」な作品でした。


ヴィランがクールな女盗賊というのも、作品の雰囲気に非常に合っていました。


神田うの釈由美子っていうのも今考えたらすごいですよね。

兄弟・姉妹愛がいい!!


「ルギア爆誕」では、「世界」がテーマでしたが、今作では兄弟・姉妹の「家族」がテーマでした。


ラティアスのお兄ちゃん感もすごく良かったですが、ザンナー・リオン姉妹のキレイハナラフレシアのくだりが個人的には最高でした。


「昔そんなことあったな〜」と思い出させてくれるようなシーンでした。

ロケット団、見せ場なし!


うーん、前作で活躍しすぎたからでしょうか、終始見せ場がありませんでした。


もう少し共闘とかサトシ達と絡みがあっても良かったのかなと思いました。


ちなみにエンディングで今作と、ルギア爆誕との繋がりも表現されていました。

さいごに


カブトプスプテラ怖すぎました!笑  


特にカブトプスは完全に殺しに来てましたね・・!


最後まで読んでいただきありがとうございました!